東北大学病院臨床研究推進センター

Clinical Research, Innovation and Education Center, Tohoku University Hospital

東北大学病院臨床研究推進センターは、医学系の研究開発をサポートするとともに、基礎研究の成果を臨床の場に実用化する橋渡しをいたします。

フォントサイズ変更

バイオデザイン部門長挨拶

私どもは医療・健康にかかわる開発関係者が“事業化に資する課題設定”を行うインフラであるASUの制度設計、運営を行ってまいりました。2014年の開始から5年間で1,100名以上の企業開発研究者を受け入れ、事業化を達成してまいりました。今後、事業化件数の増加はもちろん、人財育成、拡張現実ARなどのテクノロジーを生産性の向上とイノベーションの源泉として活用する方法の模索など、さまざまな形で“ものづくり・ハタラキカタの再定義”にチャレンジします。

バイオデザイン部門長 中川敦寛

バイオデザイン部門長
中川 敦寛

東北大学病院臨床研究推進センター
特任教授

バイオデザイン部門長 中川 敦寛 プロフィール

【略歴】

  • 1998年 東北大学医学部卒業 東北大学脳神経外科入局
  • 2001年 東北大学大学院(東北大学流体科学研究所高山研究室)
  • 2004年 東北大学大学院卒業(医学博士)
  • 2005年 日本脳神経外科学会専門医
  • 2006年 東北大学病院 脳神経外科/高度救命救急センター(助教)
  • 2008年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経外科 / 脳脊髄外傷センター(神経外傷クリニカルフェロー)
  • 2010年 東北大学病院 脳神経外科/高度救命救急センター(助教)
  • 2013年 東北大学病院臨床研究推進センター バイオデザイン部門(副部門長)
  • 2015年 スタンフォード大学バイオデザインプログラムグローバルファカルティ・ジャパンバイオデザイン共同ディレクター
  • 2016年 東北大学大学院医学系研究科神経病態制御学分野 講師
  • 2017年 東北大学病院臨床研究推進センター 特任准教授
  • 2019年 現職

【受賞】

  • 2008年 日本レーザー医学会総会賞
  • 2008年 UCSF Postdoctoral Travel Award
  • 2009年 Top Ten Abstract, Neurotrauma 米国脳神経外科コングレス
  • 2010年 日本生体医工学学会荻野賞
  • 2013年 日本脳神経外傷学会牧野賞
  • 2013年 日本脳神経外科救急学会学術奨励賞
  • 2015年 日本学術振興会科学研究費優秀審査員賞
  • 2017年 日本学術振興会科学研究費優秀審査員賞、ほか

【役職】

  • 日本レーザー医学会理事
  • 日本脳神経外傷学会評議員
  • 日本生体医工学会評議員
  • 日本内視鏡外科学会医工連携委員会委員

【専門領域】

  • 脳神経外科(外傷性脳損傷)

アカデミック・サイエンス・ユニット(ASU)

ページTOPへ戻ります