東北大学病院臨床研究推進センター

Clinical Research, Innovation and Education Center, Tohoku University Hospital

東北大学病院臨床研究推進センターは、医学系の研究開発をサポートするとともに、基礎研究の成果を臨床の場に実用化する橋渡しをいたします。

フォントサイズ変更

東北大学病院臨床研究推進センターについて

臨床研究推進センターは、安全で有効な薬や医療機器の開発を支援する部門であった「東北大学病院 治験センター」と、東北大学直属の組織としてトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)を支援する組織であった「未来医工学治療開発センター」とを統合し、平成24年4月1日に大学病院内の新組織として設置された「臨床試験推進センター」を前身とします。平成25年度に国の臨床研究中核病院の一つに選定され、同年7月より、名称を「臨床研究推進センター」と変更いたしました。

当センターの目的は、ライフサイエンス系の研究開発において、基礎研究から橋渡し研究、さらに臨床研究・治験への切れ目のない開発支援を行うことにより、研究成果の実用化を目指すことです。特に、東北大学の強みである医療機器の開発支援を行うとともに、新規医薬品の開発や、難病・希少疾患・小児疾患に対する新たな診断・治療法の開発支援も行います。さらに、東北地方の各大学病院や市中病院とも連携しながら、臨床試験(治験)も行います。

また、東北7県に所在する弘前大学・秋田大学・岩手医科大学・山形大学及・福島県立医科大学・東北医科薬科大学とともに東北トランスレーショナルリサーチ拠点形成ネットワーク(TTN)を構築し、東北地方全体の創薬・再生医療を含むあらゆる分野の新しい医療技術の開発に努めるとともに、他のトランスレーショナルリサーチ支援機関や臨床研究実施機関でも業務を実践できる人材の育成を目指してまいります。

さらに、東北地方の各大学・医学部・市中病院とも連携しながら、東北発の先端医療を世界に向けて発信していきたいと考えております。

国から選定された臨床研究中核病院の一つとして、東北地方における、特に医療機器開発支援を中心とした臨床研究の支援を行うことになりました。今後、さらに組織を充実させて、東北大学のライフサイエンス系の研究開発を広く支援していきます。

研究のアイデアの段階から、非臨床試験、企業との連携や知財管理・技術移転、臨床試験、承認審査、実用化まで、あらゆる段階でのご相談に応じます。研究成果を実用化につなげたいと考えている研究者の方、どうぞ遠慮なくご相談下さい。

愛称「CRIETO」について

「CRIETO」は「クリエイト」と読みます。
Clinical Research, Innovation and Education Center, Tohoku University Hospitalの頭文字から出来た造語ですが、創造するという意味の「create」と同じ発音にすることでその意味も持たせ、新しい医療技術を創造していく当センターを表すものとなっています。
「CRIETO」を是非よろしくお願いいたします。

公開情報

ページTOPへ戻ります