東北大学病院臨床研究推進センター

Clinical Research, Innovation and Education Center, Tohoku University Hospital

東北大学病院臨床研究推進センターは、医学系の研究開発をサポートするとともに、基礎研究の成果を臨床の場に実用化する橋渡しをいたします。

フォントサイズ変更

トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)について

いま日本が直面している少子・高齢化社会において、国民が健康で豊かな生活を享受するには、創薬・再生医療・医療機器いずれにおいても治療に直結する生命科学・医学と工学技術の融合が不可欠です。
現在、融合領域のあらゆる面から、基礎研究を臨床現場に橋渡しする、この「トランスレーショナルリサーチ」が強く求められています

「東北大学病院臨床研究推進センター」は、東北大学および全国の大学、企業の医療機器・医療材料のシーズを、効果的に基礎研究から臨床試験まで一貫して支援できる、医工学基盤のトランスレーショナルリサーチ拠点として整備するものです。

トランスレーショナルリサーチ概念図

事業概要

橋渡し研究戦略的推進プログラム

事業元 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
実施事業名 橋渡し研究戦略的推進プログラム
事業課題名 医工連携を基盤としたオープン・イノベーション・プラットフォーム構築
責任機関 国立大学法人東北大学
事業代表者 総長 里見進
事業実施期間 平成29年度〜平成33年度

「橋渡し研究戦略的推進プログラム」については こちら≫

ページTOPへ戻ります